税理士 岡村英理子のプロフィール

109
氏名 岡村 英理子
業種 税理士
事務所 岡村税理士事務所
住所 大阪市淀川区宮原4丁目4-64 新大阪千代田ビル4階D号室
電話 06-6836-9160

インタビュー

動画の見どころ
①税理士との出会い
②『相続』を考えている方へ
③プライベートの目標
岡村先生
岡村税理士事務所の税理士の岡村と申します。
―税理士になって何年ですか?
岡村先生
税理士試験に合格してからは、もう6年になります。業界はもう14年目になります。
―①『税理士』との出会いは?
岡村先生
最初に勤めていたのは、ハウスメーカーだったんですが、提携させていただいてた税理士さんとお話する機会がありまして、それをきっかけに税理士のほうに興味を持つようになりました。私のイメージの税理士さんは、すごく気難しくて、敷居の高いイメージだったんですが、その先生はすごく親しみやすい先生で、そのハウスメーカーの税金関係のセミナーは、その先生が担当してくださったんですけれども、そのセミナーのお話もいつもすごく面白くて、私も会場でお客様と一緒に聞いていましたが、わかりやすくてすごくユーモアのある先生で、今でもそのときのお話、先生のフレーズなどが頭の中に残っています。
そのときに、その先生の話を私も後ろでずっと聞いていたので、「あ、贈与税ってこんなんなんだ」とか、「住宅ローン控除って、こんなんなんだ」というのを勉強していく中で、もうちょっと専門的に自分も勉強してみようかなと思いまして、勉強を始めたのがきっかけですね。
―②独立してからのやりがい
岡村先生
独立する前に、ある事務所の先生、勤めていたときの先生に、「木刀振っていてもプロにはなれない、真剣を振らないとプロにはなれないんだよ」と言われたんですね。なので、勤めているのではなくて、一回自分でやってみたら、という声をかけていただいたんですけれども、独立してからは、ほんとに自分は今まで木刀振ってたんだなということを実感させられまして、実務をすごくやってたつもりだったんですが、やっぱり自分で独立してやるときの意識というのは、また全然違って、いろいろな意味で非常に勉強させていただくことが多いです。
―岡村先生から見た『相続』
岡村先生
私も父が亡くなったときに、相続のことを自分のこととして考える機会がありまして、お客様の相続の現場に立ち合わせていただいたり、自分の父が亡くなったり、ということもふまえて、私の職業は税理士ですけど、税金のことだけじゃなくて、相続というのは人それぞれいろんな思いがその中にありますので、亡くなられたあとの相続について、その思いに寄り添った進め方をさせていただけたらな、というのをいつも思いながらお仕事させていただいてます。
―お客様と築いている関係
岡村先生
今親切にしてくださる方が多いので、私のほうがすごくありがたいなと思って、お客様に感謝することが多いです。
―②『相続』を考えている方へ
岡村先生
税金だけではなくて、相続された方が今後どういう人生を送られたいか、というところもふまえて、相続のお手伝いをさせていただけたらいいなと思っています。
―③プライベートの目標は車の運転が上手になること!?
岡村先生
不動産持ってらっしゃる方は、割と駅から遠いところに農地をどーんと持ってらっしゃったりして、現場を見に行かないといけないこともたくさんあるので、車を運転します。そういった意味で、仕事上も車は運転できたらいいなと思ってがんばっています。

相続ロゴ