遺産が分配される順位は、法律によって4段階に定められている

bf0e03740048f7dd6ea01b89fa188f47_s

相続する際には、分配の順位が定められている

 

相続の際には遺産を分配することになるのですが、分配の順位も割合も法律によって定められています。

 

これは、法定相続人の順位と同じことになるのですが、基本的に順位が高くなるほど相続される遺産の割合も高くなるということになります。

 

今回は、分配される順位と順位の定め方について詳しく紹介していきます。

 

遺産相続の分配順位はどのようにして定められているのか

s_130080

遺産が分配される順位については、配偶者から第三順位までの4段階に分けられています。

 

それぞれ対象となる範囲が異なりますので、こちらで詳しく紹介していきます。

 

配偶者というのは、被相続人の夫または妻のことを指します。

 

次に、第一順位の方は直系卑属とも呼ばれ、実子または実子が死亡していれば孫が相続人となります。

また、被相続人の養子でも直系卑属となり、胎児も生きて生まれた時点で相続人と判断されることになります。

 

そして、婚姻関係にない間柄の子どもでも認知されていれば第一順位の直系卑属ということになります。

 

次に第二順位は直系尊属とも呼ばれていて、第一順位が存在しない場合に被相続人の父母や祖父母が対象となります。

実父母も養父母も同格の順位となっていて、父母が死亡している場合は祖父母が相続人に指定されます。

 

最後に第三順位についてですが、こちらは第一順位そして第二順位が存在しない場合に被相続人の兄弟姉妹が相続人の対象となります。

被相続人の兄弟姉妹が既に亡くなっているという場合は、兄弟姉妹の子(甥や姪)が相続人ということになります。

 

順位による分配の割合はどのように定められているのか?

 

相続人が複数名いる場合に、相続を受ける割合のことを「相続分」といいます。

 

相続分は「法定相続分」と「遺留分」の2つから構成されていて、法定相続分については遺言などで被相続人が決めることが出来る権利がありますが、遺留分というのは一定範囲の相続人に遺産を渡すという制度になっていますので、遺留分については被相続人にも変えることが出来ないということになります。

 

遺留分の割合は相続人の関係によって割合が異なりますが、法定相続分に比べると遥かに割合が低くなっていることが特徴になっています。

 

また、上記で紹介した法定相続人の順位と同じように、順位が高ければ相続分も多くなるということを知っておいて下さい。

 

最後に、法定相続人としては兄弟姉妹が第三順位として認められていますが、遺留分に関しては兄弟姉妹への相続が認められていないので、こちらに関しても注意が必要です。