要件事実は相続に関して裁判になった時にだけ使用される言葉の一つ

103a06a9ad95059c0b121ff3d74ad2cb_s

要件事実という言葉について内容まで深くしている人は、一般人の中には少なく、法律家などの専門家でも裁判などの実務を請け負っている人しか知らないというケースも少なくありません。

そこで、相続に関する要件事実を紹介する前に、要件事実について簡単に紹介していきます。

要件事実というのは、裁判になった際に「攻撃や防御のポイント」となる項目のことを指しています。

いわゆる「訴訟の焦点」や「訴えの根幹」に相当する部分だと考えてもらえれば問題ありません。

これらのことから、基本的に「裁判」まで発展しない限り、使われない用語だということも知っておいて下さい。

そして、相続に関して裁判が必要な状況というのは、基本的に民事裁判となっていて、「相続をすることが認められるのか」ということと「どれくらいの相続をすることが出来るのか」ということが要件事実になることが多くなっています。

 

相続の裁判の際に用いられる要件事実について

s_09465

相続の要件事実として重要なのは、「被相続人の死亡」と「原告が相続人であるかどうか」という2点になっています。

相続に関してだけ言えば、「原告が相続することが出来る状況である」ということを証明することが出来れば完了ということになりますので、この2点が要件事実ということになります。

この場合に、裁判の争点となるのは「原告以外に相続人が発生しているのか?」ということになりますが、裁判の場合は「非のみ説」を採用しているために、原告以外に相続人がいるということを証明するのは被告側(原告と相対している相手側)が行うべき内容ということになります。

ここで出てきた用語の「非のみ説」というのは、のみ説・非のみ説というように分類されていて、裁判実務と登記実務で形式が異なるのが特徴的です。

登記実務などの場合は、相続人は申請書に記載した者「のみである」ということを証明しないといけないことに対して、裁判実務の場合は、「被告が相続人である」ということが証明できていれば手続きができるということになります。

同じ手続きを行うにしても、書類実務と裁判実務では形式が異なるために、要件事実も異なるということに繋がります。

相続に関しての民事裁判では、相続することが出来る関係図や、相続することが出来る金額についての裁判が多くなっていますが、相続人として認められれば後は法律によって分配される金額が定められていますので、基本的には相続人として認められるのかということが争点となるケースが多くなっています。