相続放棄は3ヶ月以内に行わないと、放棄する権利を喪失する

6f9cbb2c25f32447ba66367dc58541d8_s

相続を放棄するために必要な手続きとは

 

相続というのは、亡くなった人の財産を受け継ぐということになりますが、財産というのは資産だけではなく借金や負債なども財産に含まれてしまいます。

 

そのため、相続をした際に故人が多額の負債を抱え込んでいた場合は、その負債を返済しなければいけない義務が発生するということに繋がります。

 

しかし、そのような負担を相続人に掛けるのは酷だということもあり、日本では相続を放棄することが出来る制度も整備されています。

 

今回は、相続を放棄するために必要な手続きについて詳しく紹介していきます。

 

 

 

 

相続を放棄するために必要な手順について

17cfd3ed5819ac977c2c0e4c6d30b760_s

相続を放棄するために必要な手順というのは簡単な手続きとなっていて、定められた期間内に必要書類を持って、所定の家庭裁判所に申請をするというだけになっていますので、手順が分かっていれば個人でも簡単に手続きを行うことが出来ます。

 

まずは期間についてですが、これは相続が開始してから(被相続人が亡くなってから)3ヶ月以内に申請しなければいけません。

 

3ヶ月が過ぎてしまうと、単純承認といって相続放棄をする権利が剥奪されてしまうので注意して下さい。

 

次に、申請する場所についてですが、これは上記でも紹介したように所定の家庭裁判所ということになります。

 

ここで定められている家庭裁判所は、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所ということになりますので、自分が住んでいる地域の家庭裁判所ではないということに注意して下さい。

 

次に申請する人についてですが、これは原則として相続人が自分で申請をするということになります。

 

相続人が自分で申請をすることが出来ない状態の場合は、代理人での相続放棄が認められていますが、他者が勝手に相続放棄の申請をしないように適切な手続きを行わなければいけません。

 

次に必要な書類についてですが、こちらは原則として3点の書類になります。

 

  • 相続放棄申述書
  • 被相続人の住民票の除票
  • 戸籍謄本

 

これら3点の書類は市区町村の役所や家庭裁判所で受け取ることが出来るものになっています。

 

最後に、相続放棄の手続をするための費用についてですが、申請の費用として1人あたり800円の収入印紙と、裁判所からの連絡用の郵便切手が数百円分ほど必要になります。

 

そのため、全て合わせても1,000円と少しで相続放棄の手続きが完了するということになります。

 

相続放棄は、原則として自分の意志で行わなければいけませんので、相続放棄を強制したりされたりすると余計な争いを招く結果になるので十分に注意して下さい。