相続問題で困ったら、安くて頼りになるFPに相談しよう

相続税率の計算は専門のFPに依頼するのが最適

 

相続をする際には、家族間・親族間で全てを完了させることも可能になっていますが、仲介人としてFPや弁護士に依頼したほうが、後々のトラブルを回避することが出来るケースも多いのでオススメになっています。

 

その中でも、FP(ファイナンシャルプランナー)に相続問題の相談を行うと、相続の際にも様々なサポートをしてくれるということが挙げられますが、相続が完了した後も資産運用や事業承継対策などについても相談に乗ってくれるというサポートが存在しています。

 

今回は、相続の際にFPに依頼するとどのようなメリットがあるのかということについて詳しく紹介していきます。

 

 相続に関する手続きを一括で請け負ってもらえる

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

相続の際に、厄介になるのが役所関係の手続きになります。

 

故人が持っていた財産を遺族が問題なく分けるだけなら簡単に出来るという方も多いと思われますが、相続税を支払わなければならないほどに財産がある場合は公的に手続きを行わなければいけませんが、それらの手続きもFPに依頼すると一括で請け負ってもらえるというメリットが存在します。

 

ただし、公正証書遺言や後々のトラブルを回避するための公正証書の作成などについてはFPではなく、司法書士や弁護士に依頼しなければいけませんので注意して下さい。

 

 相続後の資産管理の相談にも乗ってもらえる

 

相続をした途端に親族や友人が増えたというような話は、よく耳にする話です。

 

このように書くと宝くじに当選した時と同じような状況になりますが、親や祖父母が資産家だった場合は相続する資産が数億円~数十億円となることも珍しくありませんので、今までにそのような生活をしていなかった場合は多額の資産をどうすればいいのか分からないという人も多いと思われます。

 

このような場合に、FPに相談をすると効率的な資産の運用を自分の人生設計と合わせて組み立ててもらう事ができますので、安心して任せることが出来るということになります。

 

また、夫が会社の経営者だったというような人の場合は、遺された配偶者が経営を任されても何も出来ないというケースが多いです。

 

そのような場合にでも事業承継を上手く対策してくれるように計らってもらうことが可能になっていますので、自分たちだけで相続問題に対応をするのではなく、まずはFPに相談をするのがオススメになっています。

 

また、FPは弁護士や司法書士に比べると、相対的に費用が安くなっているということもオススメできるポイントの一つになっています。