相続に関する相談は、状況を見極めて相談する相手を選ぶことが重要

5399c728c35ec0fe2a2ce345af853a69_s

相続をする際には、全てを自分たちで行うことも可能になっていますが、公的な手続きをすることが出来る人に相談することによって、相続を円滑に行うことが出来ます。

しかし、誰に相談をすれば良いのか分からないという人も多いと思われます。

相続問題といえば、弁護士や司法書士に依頼するという人も多いですが、弁護士や司法書士に依頼すると、高額な料金を支払わなければならないために、敬遠される人も多いのが特徴的です。

しかし、状況によっては弁護士や司法書士に依頼しなければならない状況もありますので、それらの状況判断をすることが重要になっています。

今回は、どのような状況で誰に相談を持ち掛ければ良いのかということについて詳しく紹介していきます。

 

 相続人同士のトラブルが無く、相続の手続きについて知りたい場合はFPに依頼する

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

相続の際に問題となるのが、相続人同士のトラブルです。

誰がどの遺産を相続して、遺産の分配はどうするのかということで揉めるケースが多くなっていて、遺産相続の問題から裁判にまで発展するケースも少なくありません。

このような状況になった場合は、迷わず弁護士に相談するのが大切ですが、相続人同士のトラブルが発生していない状況で、相続の手続きについて知りたいという場合には、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談をするのがオススメです。

ファイナンシャルプランナーというのは、人生設計についてのコンサルティングをするのが仕事となっていて、相続の手続きについても請け負ってくれるプロとなっていますので、相続の手続きについて分からないことはFPに相談すれば解決することが出来ます。

 

裁判は弁護士、書類は司法書士、税金は税理士に依頼するのがポイント

 

基本的に、相続をすることが確定した場合に相談するのは士業関係者となっています。

その中でも、弁護士、司法書士、税理士の3つが挙げられますが、それぞれ役割が異なりますので、自分が求めている職業の人に相談をすると良いでしょう。

弁護士の場合は、主に裁判関係や遺産相続で発生したトラブルを解消するために相談することが多く、司法書士の場合は、不動産登記や遺言書の作成などの書類関係の相談が多くなっています。

そして、相続が完了すれば相続税を支払うことになりますが、相続税の相談については税理士が最適となっています。

これら3つの士業関係者が相続の際に相談をするケースが最も多くなっていますが、大切なのは自分の置かれている状況をキチンと把握するということになります。