相続という言葉の意味は、昔と現代で大きく異なっている

c5bdc958ebb5dc39bc471f8d81a7be57_s

現代の日本では、相続という言葉が持っている本来の意味を失っていると思われます。

古くから日本では家督制度が用いられていて、家長制度とも言いますが、被相続人が亡くなった際には長男が全ての遺産を引き継ぐということになっていました。

長男が全ての遺産を引き継ぐ代わりに、遺された遺族の面倒を見るのも長男の役目だったとされています。

これは相続というのが財産だけではなく、その家に受け継がれている「伝統や考え方を後世に繋ぐ」という意味を持っていたからだとされています。

そのため、近年でも田舎や地方に赴けば家長制度が存在している家もあり、そのような家の場合は長男を産むことが出来ない女性を妻とした場合に、虐げられるというような風習が残っている地域も存在しています。

これは、長男が全てを引き継ぐという役目を果たせないということから、相続の本来の意味が残っているということも示しています。

しかし、相続という意味が変化している現代では、義務について語られることは少なく、権利が主張される時代になってきました。

今回は、相続という言葉がどのように変遷したのかということについて詳しく紹介していきます。

 

 相続で権利が主張され始めたのは、現在から70年ほど前となっている

65810a25b09f4ee50813729305f6a367_s

日本に法定相続が規定されたのは、今から70年ほど前の昭和23年(1948年)となっていて、それまでの日本は冒頭でも紹介したように家督制度が採用されていました。

法定相続が規定されたことによって、長男以外の親族にも遺産を相続する権利が発生したということになります。

法定相続が規定されてから、日本では相続の際に義務よりも権利を主張するようになってきたとされています。

遺された遺族が互いに権利を主張しあうということは争いが生まれるということに繋がります。

どのような争いでも同じことですが、義務について主張しあう状況になると争いは沈静化する傾向にあります。

しかし、権利を主張しあうと、互いに譲らないために争いが激化するということに繋がります。

これらの問題を回避するためには、原則として相続対策を行うということが基本になっていて、相続対策をするためには、被相続人が生きている時に全ての問題を終わらせておくことが重要になります。

相続問題を回避するために、近年では終末期の過ごし方についてセミナーが開催され、生前贈与や遺言書の作成なども広く知られるようになりました。

本来なら何年も掛けて行う対策を、被相続人が亡くなってから開始するということになると問題が発生するのも当然のことということになりますので、まずは相続に関しての知識を持つことが重要です。