法定相続分とは異なる分け方をしたい場合どうするか?

444b12e5919a3de5eb30e7d2c7ed2ad1_s

亡くなった時、財産は誰にどのように分けられるかご存知ですか?

「相続人」に該当する人たちには、「法定相続分」という最低限資産を分けてもらう権利があります。しかし、必ずこのルールに則って相続しなければならないわけではありません。面倒を見てくれている長男に多めに相続させたい、できる限り配偶者に多めに相続させたいなど、様々な思いがあると思います。この思いを予め形にしておくのが、「遺言書」の存在です。今回は、以下の例を使って、子供への相続配分を均等ではなく、差を付けたい場合に遺言書をどのように活用するべきか解説します。

(例)
家族構成:予定被相続人(財産を譲り渡す人)、配偶者、子供3人(長男、長女、次男)
背景:  長男夫婦は同居していて、父親の仕事を手伝っている。
     長女・次男もすでに結婚しマイホームを購入時、少し援助している。
思い:  長男は家業も手伝っていて、同居して何かと面倒もみてくれているので、
     自宅を含めて多めに相続させたい。
     しかし長男と次男の仲があまり良くなく、自分の死亡後揉めないか不安だ。

1、できる限り「公正証書遺言」で準備しましょう

上記のような状況の場合、遺言書が役に立ちます。なぜなら、遺言書がある場合は、原則遺言書の内容が優先されるからです。遺言書には、自筆証書遺言と公正証書遺言がありますが、可能であれば公正証書遺言で準備しましょう。公正証書遺言とは、公証人役場という機関で、公証人の立会いのもと作成される遺言書で、公証役場で遺言を保管してくれます。無くしたり、内容を改ざんされたりする心配がありません。

2、遺留分を侵害しない分け方を心がけること

遺言書の作成にあたっては、ご自身の好きなように財産の配分を決めることができます。
しかしここで忘れてはいけないことが一つ。各々の遺留分を侵害しないように気を付けることです。遺留分を侵害した内容の場合、侵害された人は遺留分減殺請求という手続きを行って、本来自分がもらうべきだった財産をもらうことができます。
この手続きは裁判所などを通して行います。兄弟間で裁判沙汰というのは、あまり後味の良いものではありませんよね。このようなやりとりを兄弟間で行わせることの無いように、遺言書を作成するときはよく注意しましょう。

3、付言事項をつけること

付言事項とは、あなたの思いなどを書き留めることができる項目です。
ここに、なぜ長男に多く相続させようと考えたのか、家族ひとりひとりへの想いなどを書くことができます。被相続人本人の思いの丈をつづることで、家族にもその思いが伝わり、揉めずにスムーズな相続を行う促進剤になることもよくあります。
付言事項は必須項目ではありませんが、円満に相続をさせるために、という意味では非常に大切な項目です。

4、まとめ

自分がいなくなった後の家族がどうなるのか、財産をちゃんと揉めずに分けてくれるのか、これは資産の多寡に関係なく誰もが憂うことです。
少しでもその心配を減らすためにも、遺言書をきちんと作成し、「揉めない手助け」を生前に行っておくことが、被相続人のできる最大の対策ではないでしょうか。

工藤 崇 FP事務所MYS(マイス)代表
1982年北海道生まれ。北海学園大学法学部卒業後上京し、資格試験予備校、不動産会社、建築会社を経てFP事務所MYS(マイス)設立、代表に就任。雑誌寄稿、WEBコラムを中心とした執筆活動、個人コンサルを幅広く手掛ける。ファイナンシャルプランナー。