土地や建物を相続した時は、必ず相続登記をしなければならない

c32b29dda9693b23a7bbe8761e5020eb_s

相続登記に必要な手続きについて

 

土地や建物の相続をする際には不動産屋に依頼するケースや司法書士に依頼する人も多いですが、土地や建物を相続した際の相続登記については相続人が自分で行うことも可能になっています。

 

自分で相続登記をすると、余計な費用が一切発生しないのでオススメになっていますが、相続する土地や建物の権利が複雑な場合は法律の知識なども必要になりますので司法書士に依頼するのがオススメになっています。

 

今回は、相続登記を自分でする場合に必要な手続きについて詳しく紹介していきます。

 

 相続登記の手続きをする際の大まかな流れについて

6f9cbb2c25f32447ba66367dc58541d8_s

相続登記の手続きの流れについては下記の通りになります。

 

  1. 登記事項証明書(登記簿謄本)を取得して、土地や建物の所有者等を確認する
  2. 戸籍、住民票、評価証明書などを取り寄せて、相続人を確定する
  3. 相続登記申請書類を作成する
  4. 相続登記を法務局に申請する

 

以上の4点となっています。

 

申請書類の書き方などについては見本が付随されていますのでサンプルのとおりに作成すれば問題ありません。

 

戸籍や住民票、評価証明書などの必要書類については市町村役場で受け取ることが出来ますので、相続登記をする際に必要な場所としては役場と法務局の2ヶ所となっています。

 

 相続登記をする際に必要なポイントについて

 

こちらでは、相続登記をする際に必要なポイントについて重要な箇所を紹介していきます。

 

まずは申請する機関についてですが、これは上記でも少し紹介したように法務局になります。

 

重要なのは、登記簿に記録されている法務局に申請するということになりますが、郵送でも申請は可能なので、現地の近くに住んでいない人でも安心して申請することが出来ます。

 

次に、申請する人についてですが、原則として相続人が申請するということになります。

しかし、相続人がやむを得ない事情で申請できないという場合には代理人による申請も可能になっています。

 

次に、申請の際に必要な書類についてですが、下記の4点となります。

 

  • 相続登記申請書
  • 登記原因証明情報
  • 住所証明情報
  • 登記に必要な登録免許税

 

以上の4点です。

 

最後に、申請に必要な費用についてですが、下記の4項目の費用が必要になります。

 

  • 登記事項証明書代 数千円
  • 戸籍、住民票、評価証明書代 数千円
  • 法務局への交通費または郵送費 数百円~数千円
  • 登録免許税 固定資産評価額の4%

 

以上が揃えば自分で相続登記をすることも可能になっています。