トラブルを回避するために、相続した不動産を登記するときは専門家に依頼しよう

55003dd5dbe4e46514ab93e0397b23b1_s

被相続人が亡くなると同時に相続を開始することが出来るようになりますが、不動産の登記については、期限もなく義務でもないので、不動産に関して何もせずにそのままにしておく場合は、相続登記をする必要もありません。

しかし、相続した不動産を売却したり、他人に貸したり、不動産を担保にして融資を受けたりするならば、不動産の名義を被相続人から相続人に変更しなければいけません。

そうしないと、親子や配偶者といった間柄でも、他人の不動産を勝手にやり取りするということになってしまいますので、「この不動産は自分のものだ」という証明をしなければならないということになります。

これが、相続登記をするということになるのですが、相続した不動産を登記する際の注意事項について詳しく紹介していきます。

 

相続登記は相続人本人が自分で行うことも出来る

 

相続登記の手続きについては、相続人本人が自分で行うことも可能になっています。

決められた必要書類を用意して、決められた項目を記入した申請書類を法務局に提出するだけとなっているので、慣れていないと時間がかかりますが、自分一人で全ての作業を行うことも可能になっています。

ただし、不動産を売却するつもりで相続登記をするのなら法律や税金の専門家に依頼するのが最適になっていますので、その点に関しては注意して下さい。

 

相続登記を専門家に任せると安心できる

55a0dc1b679815946df3912543f57643_s

相続した際に、現金や美術品などの動産を相続した場合には、相続する人間の関係に関してトラブルが発生するケースは少なくなっています。

紆余曲折があったとしても、当人同士が納得しての分配ということになるので、問題がないケースが多いのですが、不動産というのは評価額という目安が合っても、それは現在の評価ということでしかないために、相続後の評価については分からないことも多いです。

例えば、相続した二束三文の山林が、新都市開発のために、土地価格相場が急騰するというようなことはよくあることです。

このような場合に、不動産を相続しなかった相続人との間にトラブルが発生してしまうということもあります。

さらに、相続税の支払いをする際に、相続した不動産を売却すると、売却に掛かった費用も経費として認められることがありますので、全体的な相続税が控除されることにも繋がります。

これらの手続きや処理については、相続人本人だけでは難しく、税金や法律の専門家に頼るのが安心できるということになりますので、これらのことを考えているのなら、専門家の力を借りるといいでしょう。