サラリーマンでもできる資産運用

景気回復の兆しと聞いてもサラリーマンにはあまり恩恵は感じられないものですが、じわじわと広がりゆく格差には敏感に反応したほうがいいはずです。経済は移りゆくものですが、安定した収入を得ている今こそ、できる資産運用についてご紹介していきます。

安定した収入があるからできる不動産投資

資産運用というと、既に潤沢な資金があるから始められるものと思われる方も多いのではないでしょうか。

実は資産運用とは、サラリーマンやOLだからこそ始められる投資と言っても過言ではないでしょう。たしかにどのような資産運用にもリスクがないとは言い切れません。そこで安定した収入がある会社員なら小さなリスクでの設定なら落ち着いて回避することは可能です。

リスクがあってもかけるのではなく、リスクもできる限り小さくして投資尾準備をするのが大切です。そのためにはもちろんしっかりと下調べを進めて丁寧な計画を立てることが必要になってきます。

絶対に押さえておくべきポイントを理解して進めれば安定した収入をさらに増やすことは決して難しいことではありません。そして会社員の初めての資産運用におすすめしたいのはリスクの小さな不動産投資なのです。

不動産オーナーに向いているのはサラリーマン

s_077427
例えばこれまで賃貸住宅で生活してきたが、この機会に自宅としての住居を購入しようとしているなら、その自宅は将来的に異動などで転居して賃貸住宅として家賃収入を得られるかもしれません。転勤のない会社にお勤めの方も開業、あるいはご両親の介護、子どもの独立等、家庭の大きなイベントでいずれ転地、転居の可能性もあります。そのときも条件のよい立地や周辺環境であれば自宅が優良物件になることがあります。

誰もが自宅購入時には、よい条件を選んで購入するものですからその住宅が持つ長所が活かされてくるのです。そしてサラリーマンは一般消費者でもあります。だからこそ借りる側のニーズも理解しやすいため良い物件を選ぶことにも長けている方が多く、不動産オーナーには向いているということなのです。

あせらず準備を丁寧にするのがマスト

不動産での資産運用についておすすめしましたが、まず最も手軽なのは自宅を賃貸として収入を得ることをお話ししました。次に新たにオーナーとして物件を購入していくのなら、優良物件を選ぶことが重要です。安定して入居者を確保できる物件を持っていれば新築で一棟購入してもローンの返済だけに終わることなくプラスの収入になります。さらにサラリーマンには税法的な控除も受けることが可能になります。

サラリーマンがなぜ不動産のオーナーに向いているのか、その理由はおわかりいただけたでしょうか。安定した収入を得ている会社員だからこそ安心して資産運用の準備も可能になるのです。いまはゼロから始められる不動産投資と言われています。あくまでも計画をきちんと立てることが必要ですが、上手な運用で老後まで安心して穏やかな生活を守りましょう。